FC2ブログ

保室の事件帳

江戸版ホームズ+大河ドラマリメイク。

消えた外交文書 三

半次郎は愛仁香に支えもらい、布団の上に座った。
「早速だが、本題に入ることにします。ことの次第を聞いてください」
そう前置きして話し始めたが、時々咳をしたり、体のだるさを訴えたりとかなり辛そうで、時々話を中断したりもしたので、以下は、半次郎から聞いた話を私がまとめたものである。

三か月ほど前のことになります。
私は御公儀の事務方をしており、自分で言うのも何ですが、今までいくつかの手柄を立てていたこともあって、上役からも一目置かれるようになりました。
無論周囲には羨望、あるいは嫉妬の目で私を見る者もいました。しかし私は、とにかく与えられた仕事をこなすことに没頭していました。
その少し前に、私は針田譲之助殿より愛仁香殿を紹介して貰い、しかもより責任のある仕事を任されることになって、やがてくる二人での生活に向けて、嬉しいと同時に身が引き締まる思いでした。
その頃上役の一人、実は私の伯父に当たるのですが、ある文書の写しを作るように言われました。伯父は金庫からその文書を取り出し、私に手渡しながら、この内容はとりわけ大事であること、いくつかの大名家が、これを知るために忍びを放っているかも知れないと言ったのです。
伯父は私に、この仕事は一人で済ませること、必ず金庫にしまっておくようにと命じ、私は心して部屋へと戻りました。写しを作り次第、私自身で伯父に渡すことになり、広い事務方の部屋が二人きりになるまで、仕事には取り掛からずに置きました。

私は文書を懐に入れたまま、その日は早めの夕食を摂ろうと思い、部下の者に手配をさせました。その時は茶楠五郎という者と一緒でした。
しかし別室で夕食をし終わり、戻って見ると茶楠はいませんでした。一人きりになったところで、私は早速写しを作る準備をしました。その内容とは、ここではっきり申し上げるわけには行きませんが、江戸沖に現れる外国船、それから密かに軍備を拡張していると思われる、いくつかの藩に関するものでした。
私はできるだけ早く仕事を終わらせたかったのですが、何せ文書そのものが膨大な量で、深夜に及んでもまだ半分しか出来上がりません。しかもこの日は、針田殿が江戸の、私の家に見えることになっていたのですが、とても会えないと使いをよこしました。
おまけに疲れと、食事をしたことなどでいくらか眠気がさし、誰かに茶を持って来させることにしました。すると驚いたことに、奥にしかいないはずの女中、しかも大変大柄な女がやって来たのです。私は、何か夢でも見ているのではないかと思いました。
しかし茶がなかなか来ません。私はさらに眠気がさしたので、立ち上がって伸びをしたり、その辺りを歩き回ったりしていました。その部屋の前の廊下は一方にしか通じておらず、もし誰かが茶を持ってくるのであれば、必ず私と顔を合わせるはずでした。

スポンサーサイト



消えた外交文書 二

我々はその後駕籠に乗り、一刻ほど走った。
着いたのは、江戸の中心部から少し離れた辺りで、この辺りは田畑も多く、梅があちこちで花を咲かせていた。
「その大きな家が、笛臼殿の家か。いい屋敷だな」
「あの男は、伯父上が御公儀の要職にあるからね。その伝手で今の地位にある。今は兄上がこの家を守っているらしい」
「普通そういう人物は凡人なのだが、この人物はなかなかできるようだな」
話しながら歩を進めていると、屋敷がすぐ目の前に現れて来た。
門前を掃いていた男に用件を伝えると、その男は中に入り、代わってかなり太った男が姿を現した。
(あの人物が兄上かな)
私がそう思っていたら、保室がこう言った。
「あの人物は、この家の人ではなさそうだな」
「なぜわかるんだ」
「家紋が違うのではないか。順庵先生、あんたはさっきこの家の紋の由来について話していただろう。それとは、明らかに違う」

太った男は我々を出迎え、中に案内した。
「ようこそおいでくださいました。保室紗鹿先生に和田順庵先生ですな」
「さようでございます。とは言ってもこちらの和田先生はともかく、私は先生などと呼ばれる身分ではありませんが」
保室が答えた。
太った男はかすかに笑い、うなずいてこう言った。
「私は実はこの家(や)の者ではありません。実は半次郎殿の兄上に頼まれまして、留守を預かっております」
「半次郎殿の兄上は如何なされました」
私は急に不安を覚えた。
「いえ、御心配には及びません。先日外出された際に足をくじかれて、今日は隣村の医者を訪ねておられます。奥方は先年亡くなられ、お子様もまだ小さく、それで半次郎殿の婚約者の兄である私が、こちらに滞在しているわけでして」
体も大きいが、声も朗々とした人物だった。肌の色はやや浅黒く、黒々とした髪を総髪に結い、ふくよかな体に、絹物をまとっていた。如何にも豊かさを感じさせる男で、どこか、保室の兄の舞九朗を思わせた。

「では妹君が、半次郎-いや半次郎殿の看病を」
「はい。今からご案内いたしましょう」
恐らくその妹とは、例の手紙を代筆した人物なのだろう。保室が指摘した、あの男勝りともいえる力強い筆跡の持ち主に、私はなぜか早く会ってみたい気がした。
「そうそう、申し遅れましたが、私は針田譲之助と申します。妹の名は、愛仁香(あにか)と言います」
私たちは廊下の向かって右にある部屋に案内された。
部屋の真ん中に敷かれた布団に寝ていたのは、まぎれもなくオタマジャクシこと半次郎だった。
「半次郎殿、保室先生と和田先生だ」
半次郎はこちらに視線をやり、私を見た途端、目から涙がこぼれ出した。
「和田か、このようなことになって…すまぬ」
私は半次郎の手を取り、再会を喜んだ。しばらく半次郎の手を握り、やがて布団の中に戻した時、彼の隣にいた漆黒の髪に浅黒い肌、しっかりした目鼻立ちの女が目に飛び込んで来た。この人が愛仁香なのだろう。体つきをのぞけば兄の譲之助に似ており、如何にも芯の強そうな女性だった。

消えた外交文書 一

年が明けてからしばらく経ち、徐々に日差しが穏やかになって来た頃のことである。
私は代診の仕事を終え、家に戻って来た。最近梅渓先生から、開業してはどうかと勧められており、実際その気がないわけではなかったが、それは保室との別居を意味していた。
保室と別れて暮らすのは、いくらか解放感も得られるが、同時にどこか寂しくも感じられたのである。
「和田先生、お帰りなさいませ」
鳩さんが出迎えてくれて、昼食の用意をしてくれた。まだ外は肌寒く、豆腐と葱の味噌汁の温かさが体中に浸みわたった。
「そうそう、このようなお手紙が来ていましたよ」
鳩さんが渡してくれたその手紙の宛名は、どこか見覚えがある筆跡だった。
読み進めて行く内に、私に取っては何とも懐かしい思い出が次々とよみがえって行った。その差出人は、シーボルト先生に学ぶ前の私学塾で同期だった、笛臼半次郎からの物だったのである。
「笛臼か、確か御公儀の仕事を任されていたな」

しかしその手紙の内容は、何やら事件性を帯びていた。それにはこのようなことが書かれていたのである。

和田順庵殿
私の名をご存知だろうね。オタマジャクシと渾名されていた笛田半次郎だ。
私はその後親戚の伝手もあり、今は御公儀の事務方を務めている。
実は一月ほど前に随分と奇妙な事件が起こり、そのせいで体調を崩してしまった。
今も体はまだ完治しておらず、またこの奇妙な事件は、私の上役も奔走しているが、何がどうなっているのか、とんと見当がつかない。
そこで頼みがある。貴公が一緒に暮らしている保室殿を連れて、一度会いに来てはくれまいか。
かの人物は、どのような難事件でも解決できるようで、是非力を借りたい。
保室殿によろしく伝えてくれ。
この文を口述で書くのが今はやっとだ。よろしく頼む。
笛臼半次郎

私はこの手紙に、ひどく不安を覚えた。文面からは、半次郎が体のみならず、心も病んでいるのではないかということが、ありありと伝わって来た。おたまじゃくしこと半次郎と特に親しいわけではなかったが、将来の夢を語り合った仲であり、それぞれ違う道を歩んでからも、文のやり取りはしていた。つい先日、京からも文を送っていたのである。

私は書斎の一隅に陣取って、相変わらず実験を続けているー尤も最近調合を間違えて火柱が立ち、あずさが腰を抜かしたため、一部の実験は外でやるようになっていたー保室にこの手紙を見せた。
「なるほど、そういうわけか」
「何だ、このことを知っていたのか」
「兄が知らせてくれたのさ。詳しくはまだ離せないが、何でも外交文書絡みでとんだことになったらしい、最近は西洋の船が、あちこちに出没しているからな」
保室はさらにつけ加えた。
「もちろん、この手紙だけじゃどのような事件かもわからないし、一度この笛臼殿に会ってみる価値はありそうだ」
「行ってくれるのか、ありがたい。恩に着るよ」
保室は早速準備を始めたが、その途中でこうも言った。
「この筆跡だが、男じゃなくて女の筆跡だな」
「男じゃないのか」
力の籠った筆跡は、とても女の物とは思えなかった。

羅城門の大地主 七

「これは驚きましたな」
森下と藤次郎が同時に口を開いた。
「しかし保室殿、なぜこの字が蟹口父子の物だと断定できるのです」
森下の問いに、保室は待ってましたと言わんばかりにこう答えた。
「先ほどの懸賞の案、私は日付を間違えたので、蟹口蒲之助が書き直したことを森下様はご存知ですね」
「はい、確かに」
「あれは蒲之助の筆跡を確かめるためでした。あの訂正箇所には『の』という字があります。この文の物と同じかどうかを確認するために、わざわざああいう手を使わせてもらったのです」
「いやどうも…保室殿」
森下が参ったといわんばかりに口を開いた。
「あなたのやり方は実に細かいですなあ、是非この村に留まっていただきたい」

「そうしたいのも山々ですが、江戸でまた似たような件がいくつも起こっていて、南町奉行所の手伝いをしなければなりませんので」
「左様でしょうな、あなたほどであれば盗みも殺しもたちどころに見破れる」
「しかし宇郎吉はなぜこの手紙におびき出されたのでしょうか」
藤次郎が不思議そうな顔をした。
「それも簡単です。宇郎吉は蟹口父子が、阿久沢家で盗みを働いていたのを目撃していたのです。幸い目撃者は一人、それも下男となれば簡単に消せると思ったのでしょう。実際新九郎はそのようなところには抜け目がなさそうですし、この文を書かせたのも新九郎で間違いない」
「それが、とんだところで計算違いが起きたのか」
私が口を挟んだ。
「その通り、宇郎吉が手紙を離さなかったのが蟹口父子の運の尽きだった」

我々はその二日後に羅城門を発った。
「もう少しいて貰えませんやろか。保室さんほどの人をどうしてもほしいと、森下様も言うてはりますし」
女中も諦めきれなさそうな口ぶりだった。
「生憎ですが、江戸で待っている人もいますし」
「でも、阿久沢さんとこでは、一人娘と保室さんを目合わせたいらしいです」
保室の表情が一変した。
「保室さんなら、立派な庄屋になれるて阿久沢家の旦那様も言うておられます」
「いや、それはちょっと勘弁していただきたい。藤次郎さんにはこちらから、くれぐれもよろしくと言っていたと、そう伝えてくれ」
すると表の方に、人々が集まってくるのが見えた。

「ここの先生やろ、事件を解決したんは」
「ちょっと見せてくれな、なかなか男前なんやろ」
「保室さんこの節はおおきにありがとうございました」
表の方は大変な騒ぎになっており、平太郎が下男に目配せして、裏の木戸の閂を外させた。
「ここからお出になって、一丁ほど走られると村はずれです。もう誰も追ってこないでしょう」
我々は平太郎への暇乞いもそこそこに、そこから一目散に走り出た。左脚の悪い私には少々堪えたが、やがて村はずれの橋の袂にたどり着き、羅城門に別れを告げた。

その後は京へ一旦戻り、東海道を東へ進んだ。かなり寒くなっており、朝晩は吐く息が白く、途中で新しい道中合羽を買う必要があった。大晦日までには江戸へ着くと鳩さんに手紙を送り、その後は歩いたり、駕籠を使ったりしながら江戸まで戻って来た。師走の二十三日のことだった。
「しかし、静養のために行っていた先で、あのようなことが待ち構えているとはな」
「和田先生、俺にはやはり、仕事をするのが一番の薬なのさ。お前さんの薬も、それなりに効いたけどね」
(完)

羅城門の大地主 六

「これを見ろよ」
それは水墨画だった。お世辞にもうまいとは言えず、素人が手すさびで描いた物のように見えた。
「これは一体どうしたのです」
森下が訊いた。
「蟹口蒲之助が描いたものです。こちらの阿久沢藤次郎さんからお借りしました」
「蟹口家の当主は、こういう趣味があったのか」
私が言うと、保室は森下に例の手紙の切れ端を取り出させ、自分はまた別の紙を出した。驚いたことに、それは手紙の残りの部分だったのである。
「これとこれとをつぎ合わせてみましょう」

保室羅城門1

「これは、一体…」
森下も藤次郎も、そしてもちろん私も呆気に取られていた。
「恐らくこれを最初に書いたのは新九郎です。墨も黒々としていて勢いもある。そして薄い墨で間を埋めたのが、父親の蒲之助です。なぜ墨が薄かったのか、この水墨画でわかりました」
「しかし、このような物をどこで見つけたのです」
森下が尋ねた。
「私はこの手紙の破片が宇郎吉の指の間にあった時から、蟹口父子が怪しいと思っていました。この二人しか目撃者がいないこと、そして手紙が引きちぎられていたのがその大きな理由です。そして手紙をちぎることができたのは、新九郎だけです。しかもその次の日女中に尋ねたら、その時着ていた寝間着は洗濯したらしいのです。そうなると、一番人に見つかりにくい所に、短剣と一緒に隠したことになる」

「それが枕の中だったのですね」
森下の問いに、保室はうなずいた。
「一か八かでしたが、私はあの時蒲之助の部屋から廊下へ出て、新九郎の部屋へ走りました。当然二人は怪しいと思ってつけて来ます。その二人を出し抜いて、あの部屋で夜具を出し、枕の中を調べるまでは命がけと言ってもよかったですね」
「お体の調子が十分でないのに、よくそこまでできましたね」
森下がそう言ったが、保室は大きくかぶりを振った。
「すべて芝居ですよ、あの時よろめいたのも、蟹口家で倒れたのも」
「え、芝居なのか。医者の目から見ても病人だったぞあの時は」
私はあまりの意外さに、人目憚らず大声を上げた。

「あの時はそうでもしないと、森下様が手紙の件を喋ってしまいそうだったからですよ」
森下はいささかばつの悪そうな顔をした。
「あの父子に取って、この手紙のことをばらされるのは何よりも避けるべきことでした。そこで私は敢えて気分のよくない病人で、時々おかしなことをする男を装って、彼らを油断させたのです」
「いや…これは参った、一本取られましたな。しかし…」
「しかし、とは」
「宇郎吉がいつ殺されたかですよ」

「恐らく宇郎吉は、手紙におびき寄せられて例の場所に来た、その直後に殺されたものと思います。待ち構えていた新九郎が、短刀で一突きにしたのでしょう。もみ合いなどはなかった。そして藤次郎さん、あなたの家の泥棒の件も二人の仕業です」
「それは、土地の問題絡みなのでしょうかやはり」
「その通りです。しかし目当ての物は見つからなかったので、適当な物を盗み、この付近に盗賊が出るという噂をばらまき、宇郎吉殺しもそのせいにしようとしたのです」