保室の事件帳

江戸版ホームズ+大河ドラマリメイク。

直虎と呼ばれた女 井伊家のその後

直政の時代も戦は続いた。その後旧小田領をめぐる天正壬午の変、羽柴秀吉が天下の実権を握った賤ケ岳の戦い、そして小牧長久手の戦いである。この小牧長久手で戦功を挙げた直政は、その後豊臣秀吉から豊臣姓を与えられ、ひいては後陽成天皇の聚楽第行幸で侍従に任命されることになる。また小田原征伐と奥州仕置を経て、上野国箕輪から高崎に転封されることとなった。その後秀吉薨去となり、家康は直政を使って、多くの豊臣家臣を家康方につけたともいわれる。

この関ヶ原の戦いで、島津側の銃弾を受けたのが後の彼に大きく影響した。それにもかかわらず、直政は西軍の武将の助命嘆願を行い、また西国を抑えるために、かつての佐和山城を与えられた。この城は改築され、彦根城となるが、直政がその完成した姿を見ることはなかった。結局彼は、養母の祐圓尼よりも若くして世を去り、二男の直孝が二代目藩主となる。この直孝は大坂の陣に真田丸の戦いで、真田幸村の挑発に乗せられ、軍律違反を犯すが、家康のとりなしで処罰は免れている。

将軍家の先鋒を務めるのは彦根ともいわれ、徳川の重臣の立場はその後もゆるぎなかった。しかし幕末に、井伊直中の子直弼が、兄直亮の後を継いで藩主となる。この人物は絶えていた新野家や川手家を復興させたが、開国をめぐって日本国中が動揺する中で大老となったことが彼の運命を決定づける。この直弼は徳川家大事であるがゆえに、自身が擁立した紀州家の慶福、後の家茂に対抗する勢力、あるいは幕府批判勢力を次々に粛清する安政の大獄を行い、そのため水戸浪士に桜田門外で暗殺される。その後石高を減らされた井伊家は、戊辰戦争では藩内の勤王派勢力の高まりもあり、官軍につくことになった。

スポンサーサイト

直虎と呼ばれた女 新しき門出 六

その後甲州攻めを行った織田と徳川の前に、武田家は最後の時を迎えようとしていた。天正10(1852)年3月、武田勝頼は天目山の戦いの後に自刃して果て、これで戦国大名としての武田家は終わった。その後織田と徳川には、多くの旧武田家臣が召し抱えられた。その中に、川手主水という武将がいた。もとは今川の家臣であったが、今川家衰退後は武田の家臣となっていた。その者に高瀬をめあわせたいという書状が、家康から祐圓尼の許へと届けられた。
(瀬名殿が言いたかったのはこれであったのか)
祐圓尼は今更ながら、あの時の瀬名の表情を思い出し、書状に念入りに目を通した。
「複雑なものであるのう」
実はこの川手は、かつて井伊館に火を放った山県昌景の家来でもあった。その男が高瀬と結婚するというのである。
「いつになったら、一人の主君に生涯仕える世となるのやら」
「間もなく、そのような時が参るかと存じます」
薬湯を持って来たまきがそう答えた。祐圓尼はあの病気の後体調がすぐれず、薬湯を飲むのが日課となっていた。

その後川手と高瀬の婚礼がつつましやかに行われた。つつましやかといえども、今や押しも押されぬ存在となった徳川家康の家臣であり、それなりの人物、あるいはその名代も参列していた。祐圓尼も体調は芳しくなかったが、育ての親としてこの席に姿を見せていた。その隣には南渓、昊天、そして傑山らの僧たちやひよもいた。
「主水殿、高瀬をよろしく頼みます」
祐圓尼とひよが挨拶をかわし、白無垢姿の高瀬は、川手の屋敷へと向かった。庵へ戻った祐圓尼はまきに言った。
「もはや、これで思い残すことはなくなった」
「何をおっしゃいます、虎松様の元服がまだでございます」
このまきは、未だに万千代のことを虎松と呼んでいた。しかし実際に彼が元服するのは、養母たる祐圓尼が他界してからのこととなる。

盤石かと思われた信長の治世は、意外にあっけなく幕を閉じた。この年の6月のはじめ、羽柴秀吉の毛利攻めに加勢するため、安土から京に入った信長だったが、信頼を置いていた家臣の明智光秀の謀叛により、本能寺で亡くなったのである、年四十九であった。
この知らせは、無論祐圓尼にも届けられた。しかもこの時万千代は、家康に随行して京へ向かう途中であったが、知らせを聞き、伊賀の山中を駆けに駆けて、ようやく三河へ帰り着いた。祐圓尼はいくらか安心したが、その夏から食欲が落ち、秋になって息を引き取った。養子である万千代が前髪を落とし、直政と名乗るようになったのはその直後だった。

直虎と呼ばれた女 新しき門出 五

そう言って瀬名は立ち上がり、去って行こうとした。
「お待ちくださいませ。このような時間におひとりでは危のうございます」
「もう私の役目は終わったのです。これをおひさ殿にお伝えするためだけに」
そう言って瀬名は引き戸を開け、そのまま庭先に下りた。
「お履物は…」
瀬名は何も言わず、そのまま去って行った。
「お待ちください、瀬名様。どうぞお待ちを」

祐圓尼はまきが肩をゆすっているのに気が付いた。
「どうなさいました、ひどくうなされておいでですが」
彼女は身を起こしたが、強い疲労感を覚えてそのまま横になってしまった。
「ひどいお熱です。今お寺へ行って参りますので、どうぞそのままで」
寺から昊天とその弟子がやって来て、薬を調合してくれた。どうやら近藤の許まで行ったことの疲れが祟ったらしい。
「驚きました、瀬名殿が夢枕に立たれて…」
「左様でございましたか」
まきは驚いた風に言った。
「そして、高瀬の縁談は、織田様と三河守様が、甲州に行かれるまで待てと仰るのです」
「つまり、武田家のご家来に、姫様の相手がおられると」
「そういうことでしょう」

祐圓尼は幾分回復したが、外は既に初冬の様相を帯び始めていた。その後の彼女は写経と農業に明け暮れていた。時々は近所に住む小野家の女性たちを訪れ、また寺に行くこともあった。その頃織田信長はますます勢力を伸ばすようになり、毛利家の支配する中国地方に攻め込む一方で、武田家の領地に容赦なく侵攻を行うようになって行った。そして瀬名たちの死から2年経った天正9(1581)年、高天神城の戦いで徳川家康は武田勝頼を攻め、武田家はいよいよ後がなくなりつつあった。

直虎と呼ばれた女 新しき門出 四

「おひさ殿」とあるその手紙に、祐圓尼はなぜか胸騒ぎを覚えた。読み進めて行くうちに、瀬名の心の内、信康のことがしたためられ、そして自分にはもはや行く先がないというくだりで、祐園尼は涙をあふれさせた。廊下にひざまずいて人目はばからず泣く彼女に、まきが駆け寄った。とよが田舎に戻って以来、彼女と母の祐椿尼を支えて来たまきに取って、今の彼女の心中は手に取るようにわかった。
「三河守様の奥方様のことにございますね」
祐園尼は黙ったまま、二三度首を縦に振った。幼い頃からの友人であり、姉妹とも思っていたあの瀬名も、もう恐らくはいないかもしれない。自分が親しくしていた人々の多くは、天寿を全うしないまま次々に世を去って行った。
「もう、このようなことは終わってほしいものじゃ」

その後万千代からも手紙が来た。それには信康の切腹と、瀬名の処刑について書かれていた。しかも瀬名は岡崎に戻るようにいわれたのに、戻ろうとせず、追手に身をゆだねて、自ら処刑されることを望んだとも書かれていた。これにより、祐圓尼の記憶の中の今川家は、より一層遠いものとなって行った。
彼女は庵の縁側から、外をぼんやり眺めることが多くなった。もう万千代も仕官し、ほぼ彼女の役目は終わったに等しかったが、一つやり残していることがあった。それは高瀬のことであった。高瀬はその後近藤家に引き取られていたが、祐園尼は嫁にやることをまだ諦めずにいた。近藤家には六左衛門も越後もおり、一度話をしてみたいと考えていたのである。

その後秋も深くなり、祐園尼は徒歩で近藤康用を尋ねた。互いに積もる話に花が咲いたが、徳川家の内紛に関しては、康用は押し黙った。
(徳川の家のことなど、言い出せまい)
祐園尼はその後、継室でよければということで、高瀬に了解させ、縁談をまとめる準備に入った。しかし戻ったその夜、久々の外出のせいかひどく疲れを覚え、早めに横になった。
(それにしても、年老いたことじゃ)
かつて城主になった頃は、井伊谷を慣れない馬で回っていたことが、今となっては嘘のようであった。その後しばらく眠ったが、ふと目を覚ますと、そこに見覚えのある顔を見つけた。それはあの瀬名であった。
「瀬名様、なぜこちらへ」
「おひさ殿、来たい来たいと思いつつ延び延びになっておりました」
「万千代の手紙にて、亡くなられたと…」
瀬名はゆっくり首を振り、祐園尼にこう言った。
「いずれ、我が夫は織田様と甲州へ乗り出しましょう。その武田家のご毛来衆の中に、高瀬殿にふさわしい方がおられます。それまでお待ちになりますように」

直虎と呼ばれた女 新しき門出 三

瀬名はかつて侍女の一人が行方不明になっていたが、その者は武田の間者であった。祐園尼がかつて直虎と名乗っていた折、彼女からの手紙を盗み読みし、そのまま消息不明になっていた。その後しばらく経ってから、武田と徳川が対立するようになり、その侍女の存在が再び徳川家で問題視され、瀬名の立場は危うくなっていた。
時を同じくして、徳川は織田と共に武田を攻め、最終的に設楽原で激突した。これが長篠の戦いであるが、その前に家康の嫡男信康は、舅でもある信長より本陣に招かれていた。恐らく茶好きの信長が茶を勧めたのであろうと周囲は思っていたが、その割に信康は浮かぬ顔をしていた。その夜、信康は人払いをして家康と会ったという噂が流れた。万千代と万福も、家康に従って本陣入りしていたが、ことの次第については、無論詳しくは知らなかった。

この戦は勝頼の作戦のまずさ、もっといえば家臣との対立が響いて武田の大敗に終わった。これにより織田と徳川は、武田をさらに追い込む口実ができた。本来夫の戦功をほめたたえるべき瀬名は、どこか自分だけが孤立しているように見えた。
さらに戦の後、瀬名は驚くべき知らせを受け取った。それは信康の廃嫡だった。瀬名は自分と、自分の血を受け継いだ信康が、明らかに徳川家の中でのけ者にされているのを感じた。その後、信長の娘でもあった督姫とも離縁させられ、嫡男には西郷局との子を立てるつもりでいた。これが後の秀忠である。
信康が浮かぬ顔をしたのは、母親と武田との関係を舅から、そして廃嫡を父から聞かされたせいであった。もはや徳川を継ぐ夢も消え、さらに母の身内が仕えた今川も、今では落ちぶれていた。信康が武田につくべく、少数の供だけを連れて浜松を発ったのは、それから間もなくのことだった。しかし途中で信康は父の家臣に見つかり、軟禁同様の状態に置かれる。

瀬名は祐園尼に充てて手紙を書いていた。敢えて直虎とも祐園尼とも書かず、おひさという彼女の俗名を使った。このままではもう自分はいられない、武田に向かい、いざという時は自刃するつもりであるとまで書いた。恐らく祐園尼がこれを読む時は、自分はもうこの世にいないであろう、そういう決死の覚悟が文面から窺えた。
さらに瀬名は石川数正に充てて手紙を書いた。その数日後、彼女は寺に参ると言って出かけ、その途中で待ち受けていた数正に出会い、今までの礼を述べた。数正は複雑な心境だった。徳川家の重臣の中で彼一人今川家中を知っており、瀬名の境遇もわかっていた。引き止める数正を振り切り、瀬名もまたわずかな供を連れて、東の方角へと向かって行った。
瀬名が消えた徳川家中は騒然となった。祐園尼に手紙が届いたのはその頃だった。