保室の事件帳

江戸版ホームズ+大河ドラマリメイク。

Home > 2017年02月

蜂曽我部家の怪猫 一

これは、梅渓先生の用で、蜂曽我部家の城下を尋ねた時の話である。用自体はさほどのものではなく、城下の医家に本を返して、資料をお借りする程度のものであった。しかし、秋の気候がいい時期ということもあり、色づいた木々や山を見ながら、半分遊山の旅を決め込んでいた。すると一軒の茶屋が目に留まったので、そこへ入って団子と茶を頼んだ。他には寺参りかと思われるような老夫婦がいるだけの、実にのんびりした風景だった。

間もなくその店の、年の頃五十ほどかと思われる主人が、団子と茶を持って来た。私も暇だったので、その主人に土地のことなどあれこれ尋ねていた。実は保室から、この城下には以前化け猫が出ると、冗談めかして言われたことがあった。保室が化け猫を本気で信じているとは思わなかったが、妙に真に迫った口ぶりであったため、真偽のほどを確かめてみたくなったのだ。主人にその話を振ると、ちょっと気まずそうな顔をしたものの、小声でこうささやいた。

「実は、いるようでして」
「本当にいるんだ」
「あまり大きな声じゃ言えませんけどね、お城に出たらしいんですよ。数年前に下女が見たらしくて、当初は何かの見間違いと思われていたようなんですけどね、次に門番、そしてついにご家老様まで目撃されたようで」
「こちらの殿様はそのことをご存知なのかね」
「さあ…私としては何とも」

その後私は江戸へと戻り、懐かしい二百二十一番の家へと帰って来た。鳩さんに土産の餅を勧め、部屋へ戻ると、例によって保室が本の中に埋もれていた。この男の場合は、自分の周囲に何十冊と本を積み重ねていて、その中で何か考えごとをしているため、正に本の中に埋もれるという言葉がふさわしかった。梅渓先生の許へは明日伺うこととして、旅装を解いていると、保室がいきなり話しかけてきた。

「化け猫はいたか」
「急に何だ」
「和田先生、あんたのことだからどこかで聞いてくるんじゃなかと思ってたよ」
「相変わらず勘が働くな。実は茶屋の親父にちょっとばかり聞いて来た」
「あのご家中は一見穏やかだが、中では相当対立しているらしいぞ」

保室はどこで仕入れたのか、蜂曽我部家の家中についてあれこれ話し始めた。元々は戦国時代に武勲を挙げ、大名となった家柄で、統率のよさで知られていたのだが、ここ何年か、蘭学を禁止しようとする筆頭家老と、蘭学を容認しようという次席家老の間で対立が起きているという。筆頭家老は、次席家老が蘭学にかこつけて、蘭学者を増やそうとする方針なのが気に入らないらしく、幕府との要人に、何かにつけてこのことを触れ回っているようだった。しかし蜂曽我部家はさほど大きな家ではなく、あまり関心を引くこともなく、それがかえって対立を深めることになっていた。

「そんなことしたら、改易じゃないかね」
「確かにそうだな」
保室は他人事のように言って、また本の間に身を縮めた。
スポンサーサイト