保室の事件帳

江戸版ホームズ+大河ドラマリメイク。なお「蜂曽我部家の怪猫」については、大河リメイクの「跡を継ぐ者」が終わり次第アップ予定です。

Home > 事件帳 > 蜂曽我部家の怪猫 五

蜂曽我部家の怪猫 五

「お疲れでしたら、また明日にでも」
「いえ、いずれ話さなければならないことですから」
半田梅翁はそう言って、呼吸を整えるとまた話し始めた。

「実は、私の部屋の床下に、何やら妙な物があることに、以前から気づいていました」
「以前とは」
「一年ほど前でしたしょうか。部屋のある部分に立つと、そこだけが何か足先に触るような気がして、半年ほど前に畳を上げたところ、古い箱があるのに気づきました」
「その箱は、開けてみられましたか」
「はい。古い着物と袴、そして髪の毛と思しきものが入っていました。着物と袴だけならまだしも、髪の毛というのに、何やら不安を覚えました。どなたかの遺髪ではないかと」
「それは、また元に戻しておいたのですが」
「はい、見つけた時のままに戻しておいて、素知らぬ振りをしておりました。しかしその後、かつてお仕えしていた蘭学者が、何かで不審な死を遂げたそうで、それがどうも気になり始めたのです」
半田はしばらく咳込んだものの、なおも後を続けた。
「それが十日ほど前、急に私どもに文が回って来て、お城を退去するように言われ、私もわけがわからぬままこちらにやって来て、面識のあった梅渓先生のもとへ…」
「そういうことでしたか。その蘭学者の身元というのはご存知で」
「須藤、古之進殿…」
そこまで言って半田がひどく咳込んだため、私もそれで話を打ち切った。

このことを保室に話したところ、彼は腕組みをしたままこう切り出した。
「その須藤某とかいう御仁も気になるな。順庵先生、この件でひとつ動いてもらうことはできないかね。まず里村藩に一人で行ってもらいたいのだが」

スポンサーサイト

Comments

post
Comment form