保室の事件帳

江戸版ホームズ+大河ドラマリメイク。なお「蜂曽我部家の怪猫」については、大河リメイクの「跡を継ぐ者」が終わり次第アップ予定です。

Home > 事件帳 > 蜂曽我部家の怪猫 八

蜂曽我部家の怪猫 八

私はその後も、怪猫の噂をそれとなく聞き出してみたり、望月先生の仕事を手伝ったりしながら、日を過ごしていた。梅渓先生や、鳩さんからも手紙が来たが、肝心の、保室がいつこちらに来るかについては、何も書かれていなかった。一応ここに来るまでに、それまで見聞きしたことをまとめておこうと、紙を綴じ、何がどのようになっているかを整理しておくことにした。そうしてかれこれ一月が経とうとしていた。

望月先生のお宅の裏には、丘のような起伏があり、そこに上ると、川や田畑がよく見渡せた。のどかな風景で、城中で何か騒動が起こっているとは、とても考えにくかった。時々子供たちが遊びに来たり、あるいは野草を摘みに来ている人々も見かけた。時に老人や、歌の師匠とも思しき人物が来ることもあり、ごくたまに、物乞いのような男が時間をつぶしていることもあった。近くに寺社もあることから、この近くに来る人の、憩いの場といった雰囲気もあった。

ある日、私は城下を歩き回って疲れたこともあり、その丘の草むらに座って、ぼんやり空を眺めていた。すると目の先に、竹皮の包みのようなものがあった。以前、ここの切り株に座っていた老人が、握り飯か餅のような物を食べていたので、多分その包みなのだろうと思っていた。それから数日して、またそこに来たところ、今度は紙包みが落ちていた。菓子を包む紙によく似ていた。親子連れでも来たのかもしれない。

しかし、その後私が丘に行くと、今度は箸と椀が置かれていた。いくら何でも、外で物を食べる時に、わざわざ箸と椀を持って出るとは考えにくく、誰かの悪戯であろうと思い、寺へ届けに行った。そこの小坊主も、うちで使っている物ではないと言いつつも、一応受け取ってくれた。しかし、なぜ私が丘に来るのを見計らったかのように、このような物が落ちているのか、およそ見当もつかなかった。

その夜先生の仕事を済ませ、覚書の記入も終わって、そろそろ寝ようかという時になって、外で物音がするのに気が付いた。この辺りに来る野良猫かと思っていたが、段々私がいる部屋の方へ近づいてくる。どうも不気味に思えるので、行燈を引き寄せ、障子を少し開けて、誰がいるのかをそれとなく窺った。そこへ全身黒ずくめの男がやって来て、私の手を取るなりこう言った。

「化け猫、いざ参上」


スポンサーサイト

Comments

post
Comment form