保室の事件帳

江戸版ホームズ+大河ドラマリメイク。

Home > 時代小説 > 直虎と呼ばれた女 > 直虎と呼ばれた女 次郎法師誕生 一

直虎と呼ばれた女 次郎法師誕生 一

今川家から下知が来る前に、直盛はかなり悩んでいた。下手をすれば領地召し上げ、あるいはそこまで行かずとも、ひさを、今川家に差し出すことになるかもしれないと覚悟していたのである。娘を今川家に差し出すのは、既に叔母の佐奈の例があった。憎き今川に娘を差し出すとはと渋る祖父の直平を、一同やっとの思いで説得し、義元の側女にしたのである。しかしその後佐奈は、今川家の養女ということになり、家臣の関口親永に嫁して子を儲けていた。

しかしひさは一人娘であった。この娘を今川に差し出せば、今後井伊は今川家の一家臣となるだろう。国人領主として、今川とほどよい距離を保つことこそが、直盛の理想だった。そのために、今川家家臣の新野家から妻をもらい、今川家の下知にも従って来た。しかし直平や、中野、奥山といった親類衆の家臣たちには、今川は諸悪の権化のように映るらしく、何かにつけて今川に対する反撃の姿勢を見せた。これは今川に限らず、武田などでも似たようなものであったが、聞く耳を持とうとせず、直盛は手を焼いていた。

そのため直盛は、今川のことを話す時は、お千佳の兄である新野左馬助親矩を頼りにしていた。彼も目付で今川の家臣であり、第三者として適切な意見を述べることができたからである。しかし新野を頼りにしていると、今度は中野や奥山の機嫌が悪かった。中野や奥山、あるいは直平は、和泉守とは違って、人当たりがよく寡黙な新野とはいい関係にあったが、井伊家の今後を決めるのに、新野ばかりを頼る直盛の姿勢が気に入らなかったのである。

直満、そして直義が処刑された件で、直平や中野、奥山はさらに今川への憎悪をつのらせた。しかし直満と直義の首が戻って来たころ、直盛は家人から、直満が謀反を企てていたらしいという話も聞いていた。直満の屋敷によく出入りしていた間者と思しき男が、その頃直満と何か話していたという噂も耳にしていた。無論実際にこれを見たのは直盛ではなく、行商人に変装して井伊谷をうろついていた清蔵だった。この清蔵は、井伊家の忍びとしての役目を負っていた。

つまりこれは小野和泉守の讒言でもあるが、直満も謀反を起こしかけていたらしいこと、それについて和泉守が今川に報告し、今川家が直満に申し開きをさせようとしたこと、しかし直満が口を割らず、逆に今川家臣に対して斬りつけようとし、直義も助太刀したため、やむをえず成敗されたというのが正しいといえた。しかしそれを祖父や親類衆にありのままの形で伝えるのは、かなり困難であり、双方を納得させるために、直盛はまず新野を駿府に向かわせること、そして惣領家の娘であるひさに、初めて今川館を訪問させることにした。

ひさは父からそのことを、神妙な面持ちで聞いていた。話が一旦終わったところで、ひさは父に向ってこのように言った。
「父上、ならば私は尼様になり、井伊を守りとうございます。今川家にお嫁に行かずともすみますし、大爺様も納得されるでしょう」
ひさの後ろに控えていたとよが、慌ててそれを止めようとしたが、ひさは構わずに話し続けた。まさか主人の直盛に、それを真顔で言うとは思っていなかったのである。直盛はとよを制し、ひさに言った。
「そなたがいいと考えることであれば、太守様にそれを申し上げるがよかろう」

スポンサーサイト

Comments

post
Comment form