保室の事件帳

江戸版ホームズ+大河ドラマリメイク。なお「蜂曽我部家の怪猫」については、大河リメイクの「跡を継ぐ者」が終わり次第アップ予定です。

Home > 事件帳 > 蜂曽我部家の怪猫 十三

蜂曽我部家の怪猫 十三

旅籠の主人は宿帳を調べてくれ、例の行商人の名前と、どこから来た者であるかを突き止めてくれたのである。
「名前は小戸屋元吉、江戸からのお客様です」
「小戸屋元吉か…そのような店は聞いたことがないな。偽名かも知れないな」
「実は、私もそう思っております」
「また、それはどうしてだい」
「実はこの方にそっくりな方が、先日お見えになりまして、実はその時の格好はお武家様でした」
私と保室は顔を見合わせた。

「その、武士の方の名前は何というんだ」
「瀬尾平左衛門様とお書きになりました」
我々はその旅籠へ急いだ。宿帳にある元吉と瀬尾の文字は、どう見ても同じ人間が書いたとしか思えなかった。
「どうやらこの二人は同一人物のようだな。ご主人、この瀬尾なにがしの歩き方に何か特徴はなかったか。どちらかの足を引くとか」
「いえ、しごく普通に歩いておられましたが」
保室は満足そうな表情になり、片手で顎をなでた。

望月先生のお宅へ戻る途中、保室はこう言った。
「元々は武士で、行商人に変装していたということになるのか」
「しかし、なぜこうすぐに足のつくようなことをするんだ。もうちょっとうまく変装すればいいのに」
「同一人物だとわからせたいのかもしれないな、相手は」
「どういうことだ、よくわからない」
「まあ、そう遠くないうちにすべてがわかるさ」
保室は自信満々だった。

その夜、保室は一人でかがみ込むような姿勢を取っていたかと思うと、障子を開け、外を眺めた。同じ動作を三回ほど繰り返してから、出し抜けに私に話しかけた。
「恐らくこういうことだろう」
そう言って、彼は私の前にかがみ込んだ。
「化け猫騒動は蘭学者追放のかくれみの、これは間違いなさそうだ。そのために、この元吉と瀬尾を名乗る同一人物が暗躍していた」
さらに、彼は私の顔をのぞき込み、手を合わせてこう言った。
「実は、もう一度冨楽庵殿にお会いして、伺っておきたいことがある。望月先生を通して、頼んではくれまいか」

望月先生の許可を得られ、翌日私たち三人は、再び冨楽庵殿の屋敷に向かった。先生がしばらく薬の話をした後、保室が再度質問をした。しかしその内容は、思いがけないものだった。
「冨楽庵様、申し訳ないのですが、昨日懐に入れておかれた文書、あれを見せていただけないでしょうか」
「左様な物は、持ってはおらぬが」
「いえ、先日貴方様は懐紙を取ろうとして、うっかりその文書を取り出そうとなさいました。私はそれが何であるのか、気になっていたのです。それさえ見せていただければ、蘭学者の件も、須藤殿の件も多分わかると思いますので」

スポンサーサイト

Comments

post
Comment form