保室の事件帳

江戸版ホームズ+大河ドラマリメイク。

Home > 時代小説 > 直虎と呼ばれた女 > 直虎と呼ばれた女 二人の次郎 四

直虎と呼ばれた女 二人の次郎 四

「お前が、肥後守のことを言いふらしておる者か」
「殿様、ご勘弁を。あっしは言わされただけでして」
「言わされた、とは、誰に言わされたのだ」
「小野但馬守様です」
「但馬が…」
「へい、若殿様が百姓女と会って、子供まで儲けたと嘘をばらまけと仰って、金と酒をくださったんで、それで」
「叔父の村長には何も話さなかったのか」
「今すぐやって来いといわれまして」

直盛は釈然としなかった。あの政次が、このような稚拙な、しかも明らかに直親に不利となるようなことを、するはずがないと思ったのである。そのまま嘉助を帰し、政次に話を聞いてみることにした。しかし政次は一笑に付した。
「左様な、若殿様に迷惑のかかるようなことを、私がするわけはございませぬ」
「確かにそうであろう、とてもそなたがしたとは考えにくい」
「どなたか、若殿様に恨みを持つような人物が、他におられるということでしょうか」
「恨みを持つ者といっても、あいつは今までさほどのことをして来たわけでもないしいのう」
「いえ、たとえば、ご自分の考えを肥後守様がお受けにならないので、それで焦っておられるとか」
政次の目が、こちらを見ていた。それに直盛はぴんと来るものがあった。

翌日、再び嘉助が呼ばれた。
「お前が昨日言ったことについてだが、但馬は知らぬと申しておる」
「しかし、おらは確かに但馬守様が…」
「嘉助」
直盛は嘉助に近寄り、この男らしくない大声を張り上げて詰め寄った。
「本当に、但馬守なのか…嘘をばらまけと申したのは」
嘉助は頭を下げ、蚊の鳴くような声で答えた。
「ご隠居様で、ごぜえます…」
「声が小さい」
「ご隠居様に酒と金を頂いて、やって来いといわれました。何かかなり焦っておられました」

その二日後、直平は井伊谷にやって来て評定の席についた。直盛は一同に対して言った。
「今日はまず、皆に申しておかなければならないことがある」
そうして直盛は直平の前に進み、腰を下ろして口を開いた。
「爺様、いい加減になされませ。次郎のこと、既にこの私が把握してございます」
直平は驚いた様子を見せたが、照れたような笑いを浮かべて言った。
「見破られたか、小野の倅のせいにできると思うたのに」
その笑顔が、直盛の気持ちを逆なでした。彼はさらに声を荒げて言った。
「ここで但馬を貶めて、何となされます。のみならず、我が嫡子次郎直親をも辱めかねるが如きことをなされ、このままで済むとお思い召されるな」

「まあ、そう気色ばむな。あの小野の息子の辛気臭い面を見ていると、ついからこうてやりたくなるものでのう」
その場には、もちろん政次も居合わせていた。政次は無表情のまま黙っていた。
「爺様の左様な態度が、この井伊を危なくしていることにお気づきなされませぬか」
「何だと、今川をおちょくることくらい何が悪い」
「爺様がご自分のお屋敷で、今川家をどうこう言われるのは勝手でございます。しかしこのように領民をも巻き込み、今川家の目付である但馬を愚弄するが如き振舞いは、井伊家を二つに割る物でございます」
直盛はそこまで言って呼吸を整え、さらに続けた。
「井伊家が反今川とそうでない者と二つに割れれば、これは今川家の格好の標的となり、取り潰されることにもなりかねませぬ。以後、よくよくお気をつけられますように」

直平は気まずそうにしていたが、やがてその場を蹴って立ち上がり、腰巾着ともいえる中野直由を伴ってその場を去って行った。直盛は声を洩らした。
「困った爺様じゃ」
このことは清蔵によって、次郎法師にも知らされた。お千佳は反対したが、直平の行動について話しておけと直盛に命じられたのである。
「但馬守はそこまで皆に嫌われておるのか」
「やはり今川家の目付でもあり、あの風貌と頭の切れのよさゆえ、あまり親近感は持たれておりませぬ。殿や新野様、奥山様はさほどではございませぬが、ご隠居様や中野様は、かなり嫌っておられるようで」
清蔵が帰った後、次郎はまたも思いを巡らせた。直平にしてみれば、政次を悪人に仕立て上げて、直親を守ろうとしたのだろうが、ただでさえ謀略がうまいとはいえない曾祖父のことでもあり、とんだ裏目に出てしまったのである。

幸い、このことでの今川家からの咎めはなかった。その後弘治という元号は永禄と改められ、今川義元の尾張への侵攻は、いよいよ現実味を帯びて来るようになった。そして永禄三(1560)年の年が明け、義元は今年こそ、尾張を我が領土とすることを決意した。

スポンサーサイト

Comments

post
Comment form