保室の事件帳

江戸版ホームズ+大河ドラマリメイク。なお「蜂曽我部家の怪猫」については、大河リメイクの「跡を継ぐ者」が終わり次第アップ予定です。

Home > 事件帳 > 黒子組合 八

黒子組合 八

保室は続けた。
「どうでしょう、蔵吉さん。もうあなたのことはわかっていますよ。お仲間もおいでのようですし、そろそろ話してくれませんか」
大番頭は大して驚いた様子もなく、むしろ薄笑いさえ浮かべてこう答えた。
「いや一体何をお話なのやら…私は定吉(じょうきち)と言って、こちらにご奉公してもうずいぶんになります。私の何がおわかりなのやら」
「あなたが大名屋敷を襲った盗賊団の首領だということですよ」

保室はその後、何かに取りつかれたように喋りはじめた。
「蔵吉さん、いや今は取りあえず定吉さんとお呼びしておきます。あなたは五年ほど前から自分の正体を偽り、大店の番頭出身ということでこちらに奉公しましたね。確かに番頭だったのは事実だが、店の金を着服して首になったのは隠していた。あなたは今も昼の顔は番頭だが、夜は盗賊団の首領で、こちらのお店で知り得たことを仲間に漏らしていた。あなたが絡んだ盗みは今回だけではない、三年前のさる大店の件も確かそうだ」
三年前の盗難事件というのは、長崎にいた頃、江戸からやって来た塾生から聞いたことがあった。しかし保室がなぜこの件について、この定吉なる大番頭が絡んでいたのを知っているのか。

更に保室は続けた。
「そしてあなたは盗んだ金を、この伊崎屋の地下に隠そうとした。こちらの婿殿は店で忙しいし、何よりもあなたは蔵の管理をすべてまかされている。残るはこの善兵衛殿をどうやって店から離れさせるかだ。そこであなたは、旧知の団六蔵と組んであることを思いついた。つまり、盗んだ金をこの蔵に隠し、善兵衛殿に罪をなすりつけようとしたのです」

スポンサーサイト

Comments

post
Comment form